新型コロナに負けない「健康のヒントⅢ」

健康情報

新型コロナウイルス(Covid-19)感染症については、地球規模で予防対策が進められています。国民一人一人は感染しないこと、感染させないことが最も重要です。5月のゴールデンWeekは「ステイホームWeek」になりますが、こころとからだの健康を見つめなおしてみましょう。

新型コロナ感染症の重症化リスクを知ること

基礎疾患がある

中国武漢の対象者72,314名の中で感染が確定された44,672名の状況は、軽症81%、重症14%、重篤5%、死亡2.3%との報告があり、その中で基礎疾患別の死亡率は、心血管疾患がトップでした。高齢者で基礎疾患のある方は、主治医との相談、感染予防対策の強化をしましょう。

 *中国疾患コントロールセンター報告:アメリカ医学会雑誌2月24日に公表*

喫煙習慣がある

喫煙は、免疫機能・肺機能を低下させるなど、呼吸器感染症の極めて重要な重症化リスクです。コロナウイルスの研究でも、喫煙者は非喫煙者の3倍の罹患リスクがあるとの報告もあります。また、中国武漢の報告では、新型コロナの重症化に関しては、喫煙歴がすべてのリスクの中で最大のリスクであることが示されました。WHO(世界保健機構)も新型コロナ感染防止・重症化防止対策として、禁煙を強く推奨する声明を出しました。

 

ステイホームWeekは 禁煙の最高のチャンス!

豆知識:心血管疾患とは?

おもに動脈硬化によって血管の内腔が狭窄し臓器への酸素を豊富に含んだ血液の供給が不足する疾患群のこと

💛心血管疾患リスクを高めるおもな要因は


お口の健康のカギは唾液です!

昔から「人は血管とともに老いる」といわれています。動脈硬化という血管を老化させる状態は、からだのいたるところで起こり、間違いなく口腔粘膜、歯肉や歯の血管も同様に老化します。また、歯周病などの炎症が改善しないと、歯周病菌やその毒素が口腔の血管から全身に侵入します。この影響で、動脈硬化や血糖コントロールを阻害するなど相互に影響しています。

豆知識:唾液は何から作られている?

答は「血液」です! 唾液は1日に1~1.5ℓも分泌されるので、健康な血管の保持と水分補給が大切です。

唾液の働きには、消化酵素アミラーゼの分泌のほか、からだに有害物質が入り込まないようにガードする、傷の修復などありますが、特に口腔を清浄してきれいに保つ働きは重要です。唾液の減少は、口腔細菌が増加するとともにお口の免疫力低下につながるのです。

喫煙は、血栓症をおこしやすく血流を悪くするため、唾液の分泌にも悪影響が出ます。「コロナ感染のリスクを下げる」歯を喪失しない、生涯 自分の歯で食べる」ためにも、生活習慣をじっくり見直してみませんか。


 

 

ページトップへ